さまざまな薬を適宜使用

さまざまな薬を適宜使用

さまざまな薬を適宜使用

キシロカインやアミオダロンの点滴はじめ
さまざまな薬を適宜使用し、とくに心室細動など
いのちにかかわる重症不整脈では
電気的除細動(カウンターショック、みなさん

 

おなじみのAEDなどと同じ方法です)を考慮します
急性心筋梗塞では閉塞した冠動脈の
位置によってはブロック(心臓内の電気信号が
流れなくなる)がおこり、除脈つまり脈が
遅くなることがあります。

 

さまざまな薬を適宜使用

 

あまり遅くなりすぎると、心不全さらに
いのちの危険に至るため、治療を行います。

 

アトロピンなどを注射したり、一時的
ペースメーカーを使用して脈拍のスピードを
適正にします。

 

予防はどうすればよいの?
メタボリックシンドローム予防に重なります!

 

まず、普段からできることは、年齢による
血管の変化は仕方ないにせよ、それに拍車を
かけることを避けること=予防法になるのです。

メニュー

© Copyright 2015 いずれも冠動脈の動脈硬化を進行All Rights Reserved.