いずれも冠動脈の動脈硬化を進行

いずれも冠動脈の動脈硬化を進行

いずれも冠動脈の動脈硬化を進行

いずれも冠動脈の動脈硬化を進行させ
狭心症や心筋梗塞を起こしやすくするのです。
進行すると命にも関わる冠動脈疾患ですが
暗い話ばかりでもありません。

 

狭心症や心筋梗塞などの冠動脈疾患は
予防効果も治療効果も高いのです。

 

いずれも冠動脈の動脈硬化を進行

 

入念に予防したり、治療したりいけば
冠動脈疾患はそれだけ防ぎやすくなります。
例え冠動脈が狭くなっていても有効な治療法が
ありますので、その意味で早期発見の努力が
報われやすい病気とも言えます。

 

上手に自己管理をして、予防効果と治療効果に
期待しましょう。

 

狭心症の場合、冠動脈疾患の基本検査として
まず心電図、胸部レントゲン写真、血液検査などを
行います。

 

いずれも冠動脈の動脈硬化を進行

 

しかし痛みが起きている最中や心筋梗塞後で
なければ、これらの基本検査で病気を発見し
特定することは難しいという事実もあります。

ちょっとした運動の際

特に階段を登る時や坂道を上がる時など
ちょっとした運動の際にちょくちょく
痛みを感じる場合や、中でも明け方の就寝中に
痛みを感じるときは要注意。

 

心筋梗塞が迫っているタイプの狭心症で
あるかも知れないからです。

 

よく似た症状の別の病気もあるので
これらの症状があれば早目に循環器内科医か
かかりつけ医の診察を受けるのがよいでしょう。

 

心筋梗塞の場合は狭心症をもっと重大にしたものと
考えるのが良いでしょう。

 

いずれも冠動脈の動脈硬化を進行

 

胸の痛みも20〜30分以上と長く続き
冷や汗や動悸を伴ったり、意識を失ったりして
そのまま死亡することもあります。

 

急いで救急病院・救急外来へ行って下さい。
まれに、心筋梗塞になってもなお胸の痛みがない
ことがあります。

 

胸の痛みがなくても、動悸や息切れ、呼吸困難
失神その他の異常な症状が出た場合は
迷わず病院を受診しましょう。

 

食事療法と運動療法で、糖尿病や
メタボリックシンドロームを上手にコントロールし
必要なら薬を使って血糖値をよいレベルで
維持すれば、狭心症リスクを下げることができます

コレステロールや中性脂肪が高くなる

高血圧や、コレステロールや中性脂肪が高くなる
高脂血症の場合も、医師と相談して生活習慣の
見直しや、食事療法、運動療法で改善できることが
多いです。

 

必要に応じて、薬によっても管理していきます。

 

言うまでもなく、狭心症や心筋梗塞の大きな
スクファクターである喫煙を止める事はとても重要
禁煙には高い予防効果が期待できます。

 

そして、万一狭心症が発症してしまった場合は
きちんと検査を受けて心筋梗塞に進行しないように
することが大切。

 

いずれも冠動脈の動脈硬化を進行

 

命に関わる病気とただ怖がるのではなく
上手に予防し、進行しないようケアすることが
大切なのです。

 

ちなみに男性のほうが女性よりも心筋梗塞に
なる確率が高いのですが、女性も年齢を経るに
したがって率があがります。

 

もし心筋梗塞になってしまったら、もちろん
とにかく早く病院に行くことです。

 

その場合、救命処置が行われますが
同時にどうやって血栓を溶かすかが検討されます。

ある程度効果がある

発症して時間が短ければ(通常6時間)
ある程度効果があるといわれています。

 

薬で血栓を溶かしたり(血栓溶解療法)
脚の付け根の血管から風船(バルーン)を入れて
閉塞した血管を広げる方法(PTCA)が行われます。
普段の生活習慣+過労やストレスが
引き金になりますので、気をつけてくださいね。

 

いずれも冠動脈の動脈硬化を進行

 

急性心筋梗塞の治療法
急性心筋梗塞の治療のポイントは梗塞エリアを
できるだけ小さくすることと
危険な不整脈を抑えることです。

 

梗塞は冠動脈の閉塞後4−6時間という
比較的短い間にできあがるため、この間に
できるだけ早く冠動脈の閉塞を解除することが
肝要です。

 

早期治療、これが急性心筋梗塞治療の
ポイントなのです。

必要に応じてモルヒネなどを適切

急性心筋梗塞の初期治療
まず胸の痛みをできるだけ取ることから始めます。

 

必要に応じてモルヒネなどを適切に使います。

 

これは単に痛みを取って患者さんを快適に
するだけでなく、不整脈その他の二次的問題を
予防するのにも役立ちます。

 

モルヒネといってもごく一時的な使い方ですので
麻薬中毒などの心配はありません。

 

いずれも冠動脈の動脈硬化を進行

 

さらに冠動脈をなるべく広げて流れを良くする
ために、ニトログリセリンなどを使います。

 

急性心筋梗塞ではさまざまな不整脈が
合併することがあります。

 

それに対して必要な処置を加えることが大切です。

 

たとえば心室性期外収縮、心室頻拍、心室細動
などですね。

 

そのままでは危険な不整脈です。

メニュー

© Copyright 2015 いずれも冠動脈の動脈硬化を進行All Rights Reserved.